>

何を変えれば良いのか

この記事をシェアする

太陽の光を取り入れる

ガラスがあることで、太陽の光が室内に差し込みます。
すると、自然と明るい玄関になるでしょう。
これまで玄関が暗く見えていた人は、光が全く入ってこなかったことが原因かもしれません。
ドアを変えるなら、業者に相談してください。
曇りガラスなら、外から部屋の様子は見られないので安心して生活を送ることができます。

また玄関のドアを変える時は、色にもこだわってください。
黒や濃い茶色よりも、白いドアの方が明るく見えます。
自宅の雰囲気に合わない場合は、薄い茶色やグレーを選択しても良いでしょう。
ドアの色によっても、明るく見えたり暗く見えたりすると覚えておいてください。
カタログを見ると、様々な玄関ドアをチェックできます。

壁紙の色も白にしよう

白い壁紙にすることで、もっと室内が明るく見えます。
最近は簡単に貼れる壁紙が販売されているので、わざわざ業者に依頼しなくても大丈夫です。
業者に任せると確実に綺麗に貼ってもらえるのはメリットですが、高額な費用が発生してしまいます。
費用を削減することを意識しているなら、自分で貼り替えてください。

簡単に貼って剥がせるシールタイプの壁紙だったら初心者でも綺麗に貼れますし、元の壁を傷つけたり汚したりすることもありません。
ですから、賃貸でも使用できます。
賃貸の場合は、勝手にドアをリフォームすることはできません。
他の方法で、玄関を明るく見せてください。
ホームセンターに良い壁紙がなければ、ネットでも探してみましょう。